TOPINTERVIEW 10年で売上高倍増、1兆円狙う戸建シェアNo.1獲得へ土地戦略強化 まちづくり事業を3本目の柱に

積水化学工業 常務執行役員 住宅カンパニー プレジデント 神吉利幸氏

  


今年1月1日付で、神吉利幸氏が積水化学工業 住宅カンパニーの新プレジデントに就任した。前職の住宅営業統括部長を継続し、新設した「まちづくり事業推進部」の責任者も兼任する神吉プレジデント新体制のもと、積水化学工業はどのような住宅事業の道筋を思い描いているのか──。新プレジデントがそのビジョンを語った。

積水化学工業 常務執行役員
住宅カンパニー プレジデント
神吉利幸氏
1961年生まれの57歳、大阪府出身。1983年、関西大学法学部卒。同年、積水化学工業入社。2012年、セキスイハイム東北 代表取締役社長。2015年、執行役員・東京セキスイハイム 代表取締役社長。2018年 常務執行役員・住宅カンパニー 住宅営業統括部長を経て、2019年1月1日に常務執行役員・住宅カンパニー プレジデント(兼)住宅営業統括部長(兼)まちづくり事業推進部長に就任。

──プレジデント就任にあたっての抱負を聞かせてください。

今後10年くらいのあいだに、売上高を1兆円に倍増させることを目標に、カンパニーを大きく成長させていきたいと考えています。そのために掲げるビジョンは大きく2つ。一つ目は、コア事業である新築・リフォームを確実に成長させること。もう一つは、3本目の柱となる事業を新たに創出し、売り上げのトップラインを上げていくことです。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース