【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

五輪で住宅街と産業を革新する

メイク・住宅産業・グレイト・アゲイン【最終回】

「何のために東京五輪を開くのかという問いに対し、一般の人の心に届く発信が今もって無い」(朝日新聞9月8日)という問題提起は、同紙に限らない。一方で、2012年開催のロンドン五輪や24年のパリ五輪の関係者に聞くと「五輪は良い住宅街をつくるために行う。貧乏な人や若者でも都内で人間らしい暮らしが出来るようにするため」という答えが返ってくることが多い。「良い住宅街をつくれば、新しい産業も誘致しやすくなる」…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2020.9.11

気候変動×防災に舵を切る

ターニングポイントを迎える防災・減災

2020.7.17

大和ハウス工業、テレワークに対応した住まいを業界でいち早く提案

開発から販売までわずか2カ月 初のテレワークだけでつくった商品