【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

「旅する大家」の常識を超えるシェアハウス

#04 鎌倉市長谷

   text:佐藤可奈子 photo:渋谷南人

  • 山小屋風スペースの壁天井仕上げはtoolboxの『スライスウッド』

  • シェアハウス住人の共用リビング。大家の横山さんが吟味した素材と世界中から集めた家具でつくられたアバンギャルドな空間

  • 古材やユーズドタイルなど、カラフルな素材の組み合わせが刺激的

    「旅する大家」のニックネームで活動する横山亨さんが、「僕の好きなものだけを詰め込んだ」と話すシェアハウス『甘夏民家』&CAFE「雨ニモマケズ」。築80年を超える古民家をリノベーションした空間は、和の趣を持つ杉板、アメリカの工場で使われていた古材、フランスのユーズドタイルに、鮮やかな柄壁紙、備え付けの家具は北欧ヴィンテージ…と、さまざまな素材とテイストがミックスしたアバンギャルドな空間だ。賃…


    続きを読むには…

    この記事は、無料会員向けコンテンツです。
    会員登録をすると読むことができます。

    会員の方はログイン

    関連記事