1億総おひとり様時代の到来へ 高齢者の終活事情と新たなライフサポートの可能性

株式会社OAGライフサポート 事業推進担当 黒澤史津乃 取締役

単身高齢者の増加、少子化などを背景に、誰もが“おひとり様”予備軍。これからは自分の死後を考えることは当たり前になっていくことが予想され、そこに新たな高齢者サポートの可能性が高まっています。 いち早くこの分野に注目し、自分が元気なうちに自分の意志(尊厳)で自分の最期を託しておく「尊厳信託」というサポートサービスを立ち上げたのが、税理士法人母体の士業グループ会社OAGライフサポートです。身寄りがなくても家族に頼らなくても安心のサービス提供を開始しています。 今回のスマカチ・シンポジオでは、同社事業推進担当取締役の黒澤氏を講師に、設立の背景や取組状況、今後の展開などお聞きしながら、高齢者の終活事情や新たなライフサポートの可能性などに迫ります。人の「死」というセンシティブな問題を、企業としてどう向き合い取り組めばよいか、その参考になれば幸いです。


この記事はプレミアム会員限定記事です。
プレミアム会員になると続きをお読みいただけます。

アカウントをお持ちの方

ご登録いただいた文字列と異なったパスワードが連続で入力された場合、一定時間ログインやご登録の操作ができなくなります。時間をおいて再度お試しください。