お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2017.3.8

内装壁材市場に地殻変動 より上質な住空間の実現へ 新素材も登場 Part 5

壁紙メーカーはより個性的なデザインなどを訴求

新素材を含めて、内装壁材市場に様々な新商品の投入が相次いでいるが、9割以上という圧倒的なシェアを占めているのは壁紙だ。新興勢力を迎え撃つ壁材メーカーも高付加価値化を図った新商品などを訴求し、さらなるシェア拡大を目指している。

内装壁材市場で50%以上のシェアを持つサンゲツでは、リーディングカンパニーとしてさらに消費者のニーズを取り込む様々な取り組みを進めている。その一つが、ショールーム展開だ。全国に9箇所展開し、壁紙やファブリック単体ではなく、インテリア全体としてコーディネート提案を行える体制を整えている。さらにスムーズなデリバリー体制を整えていることも同社の強みだ。「内装工事は引渡し前の最後の工事になることが多くスケジュールがタイトになりがち。在庫を豊富に揃えスムーズに商品を納められるようにしている」(同社)。

商品の見本帳も、商品単体だけでなく、家具や人物、ペットなどを入れたインテリアのコーディネート事例を載せることで、エンドユーザーがイメージしやすいように配慮している。また、「コーディネートレシピ」というコーディネートのヒントを紹介するコーナーも設けた。壁紙ならではの強みを活かしたデザインの拡充も進めている。「消費者の間で自然素材回帰のニーズが高まっている。自然素材の質感を再現した壁紙も多くそろえているが、石と木やレンガなどを組み合わせたデザインなど、本物には真似できないデザインの提案も行っている」。

さらに、初の試みとして、デザインコンペティション「サンゲツ壁紙デザインアワード2017」を開催する。「新しい発想の壁紙デザイン」を広く募集し、大賞受賞作品の商品化を予定している。同社では、2016年4月に新しいブランド理念「Joy of Design」を打ち出した。単にインテリア素材を提供するだけでなく、人々がインテリア素材を使い、デザインし、その空間で楽しみ、安らぎを得られる豊かな生活文化を創造することを社会での役割を果たして行きたい考え。今回のアワードはその一環として行うもの。このデザインコンペティションを通じて、新しい価値創造の喜びを分かち合うことを目指す。

リリカラでは、壁紙を用いた実際のインテリアの雰囲気を消費者がイメージしやすいように、見本帳の見せ方を工夫する取り組みを推進している。好みの色から商品を絞れるように配慮し、さらに、壁紙を用いた生活シーンなどの写真を多用した見本帳「LIGHT」「will」などを用意している。

「ショールームに来館されるお客様は年々増えている。インテリアに対するこだわりが強く、自分の目で実際に商品を確かめて選びたいというニーズが高まっているあらわれではないか。アクセントとして部屋の一部だけを個性的なデザインの壁紙を採用するだけで、部屋の印象は大きく変わる。壁4面のうち1面だけを個性的なデザインの壁紙を使うといったケースも増えてきている」(同社)。また、同社では、写真や絵画などを忠実に壁紙に再現するサービス「デジタルデコ」の提案も強化している。「幼稚園や店舗などの非住宅分野での採用が多いが、住宅での採用も徐々に増えてきている。既成の製品では物足りず、自分の嗜好にあったインテリア空間をカスタマイズしたいというニーズは今後もっと高まっていくと感じている。こうしたニーズにもしっかり対応していきたい」(同社)。

インテリアに対する目が肥え、健康への意識も高い消費者が増えている。こうしたニーズに対応して新旧様々なメーカーが内装壁材市場で新たな価値提案を活発化させている。高付加価値化を図るメリットを上手く消費者に訴求できれば、限られたパイの奪い合いではなく、市場自体が活性化、拡大していくことも期待できそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事