内装壁材市場に地殻変動 より上質な住空間の実現へ 新素材も登場 Part 2

ホーロー、セラミック、ガラスも内装壁材に

  


これまで一般的に内装壁材としては考えられてこなかったホーロー、セラミック、ガラスなどを用いた製品の開発、提案も活発化してきている。豊富なデザインバリエーションに加えて、素材そのものが持つ耐久性やメンテナンス性なども大きな魅力となっている。

タカラスタンダードは、ホーロー内装材「エマウォール〈インテリアタイプ〉」を発売している。高品位ホーローは、金属板をベースに清潔なガラス質を850度もの高温で焼き付けて密着させた同社の独自素材。高品位ホーローを採用した同社の水回り製品は、耐久性、清掃性などを高いレベルで実現した製品として定評がある。

エマウォール〈インテリア〉は、国内で初めてホーローの製造工程にインクジェット技術を取り入れ、高精細な絵柄を自由に表現できるようにしたもの。全22色のカラーバリエーションを用意しているほか、オーダーメイドにも対応している。耐久性、清掃性などのホーローの強みを継承しつつ、優れた意匠性も実現した内装壁材として内装壁材市場での存在感を高めている。

TOTOは、大型磁器質陶板「ハイドロソリッド」を開発し、内装壁材市場の開拓に乗り出している。大型陶板に、同社独自の光触媒技術ハイドロテクトを付与することで、抗ウイルス・抗菌効果、防汚・防臭効果などを発揮する。

3m×1m(厚さ5.6mm)という大型サイズの陶板に、多様なテクスチャー、風合いや色調を表現。大型サイズなので目地の少ない連続性のある空間を創出できる。

水墨画に見られるにじみ・ぼかしの模様などを再現した「KOTAN(コタン)」のほか、金属の経年変化を思わせる色の重なりを表した「KANKA(カンカ)」、陶磁器そのものの質感と味わいを引き題した「MUKU(ムク)」「SUZU(スズ)」の4柄14色を展開している。

AGC旭硝子では、住宅内装用カラーガラス「ラコベルプリュム」を開発した。樹脂と一体成型することで、ガラスの厚みを薄くしつつ、優れた強度性能を付与。これにより衝撃吸収力の向上に寄与するほか、万が一、強い力が加わった際にもガラスの飛散を防止する。安全性にも十分に配慮した。樹脂とガラスの厚みと合わせても総厚5mmに抑えた。

ライトベージュ、ナチュラルブラウン、ルミナスグリーン、リッチイエロー、リッチアルミニウムなど全16色を用意した。カラーガラス特有の質感や意匠性が住空間に奥行を創出し、高級感の演出に寄与する。新品時の意匠性を長期にわたり維持するほか、メンテナンス性にも優れている。

  

関連記事

住まいの最新ニュース