【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2017.3.6

内装壁材市場に地殻変動 より上質な住空間の実現へ 新素材も登場 Part 3

調湿機能などを武器に現代住宅でも使いやすくアレンジ

漆喰や珪藻土といった自然素材を利用した塗り壁材も、調湿機能などを発揮し、室内空気環境の改善に寄与する内装壁材として古くから使われているものだが、現代の住宅から和室が減少していく中で、苦戦を強いられているのも事実だ。

こうした中で、四国化成工業では、調湿機能といった自然素材の基本性能を維持しつつ、現代の住宅にもマッチする塗り壁材の開発を推進し販売を強化している。なかでも、主力商品として販売実績を伸ばしているのが、珪藻土を主成分として活用した内装塗り壁材「けいそうモダンコート」だ。調湿機能によりダニやカビの発生を抑制するほか、シックハウスの原因物質であるホルムアルデヒドを無害化、生活臭、ペット臭も吸着・消臭する。

豊富な色柄のバリーションもけいそうモダンコートの強みになっている。落ち着いた印象の色からビビッドな色まで標準で75色をそろえた。「和室だけでなく、リビングなどにもマッチする。壁の3面に落ち着いた色を施し、1面だけ色を変えるといった楽しみ方もできる。また、オリジナルカラーの特注生産にも対応しており、設計事務所や工務店などに差別化商品として活用いただいている」(同社)。

さらに、骨材の配合量などを調整することで、様々な質感の塗り材をラインナップし、模様付けのバリエーションも増やしている。「コテ塗りなどよる凹凸のある模様は、インテリアの装飾として根強い人気がある。間接照明と組み合わせることで奥行きのある空間を演出できる」(同社)。

ここにきて塗料メーカーも吸放湿機能や抗ウイルス機能などにより、室内空気環境の改善効果を発揮する新商品を開発し、内装壁材市場の開拓に乗り出している。その一つが、関西ペイントが展開する漆喰塗料「アレスシックイ」だ。抗ウイルス機能、調湿機能、消臭機能、ホルムアルデヒド吸着除去機能など、漆喰の持つ基本性能を保持しつつ塗料化したもの。

KRF-057.eps

アレスシックイの数ある機能の中でもとくに評価が高いのが抗ウイルス機能だ。長崎大学と共同で行った抗ウイルス機能を検証する実証実験では、人に感染する最も身近なウイルスである人インフルエンザウイルスのほか、乾燥や消毒薬に強い水泡性口内炎ウイルなど、様々なウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮することを確認。こうした高い抗ウイルス機能を活かして、アフリカ諸国などでも、感染症対策として医療機関などで採用されている。そのほか、豊富なカラーバリエーションも用意した。漆喰独特の質感を生かした「デザイン仕上げ」などのバリエーションもそろえている。

エスケー化研では、シートにあらかじめ調湿機能をもつ塗料を塗布した左官調軽量調湿シート「SKカイテキテイラー」の提案を強化している。塗膜内部は緻密な多孔質構造となっており、これにより優れた調湿機能を発揮するとともに、臭いやVOCも強力に吸着する。

また、SKカイテキテイラーには、2.5mmという厚みで塗料を塗布することで、重厚な質感を持たせた。この塗料の厚みを活かして、リブ、リブモザイク、サガン、テール、ミディライン、ジュラクなど、陰影を強調した様々なデザインをラインナップしている。

関連記事