お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

1棟10万円でバーチャル展示場の開設が可能に 空間3D撮影から集客に結び付くコンテンツ編集までをパッケージ化

野原ホールディングス株式会社「INTO」

アフター・コロナを見据えたニューノーマルな住宅営業を検討する際、重要な役割を担うのがバーチャル展示場だろう。バーチャル展示場を開設することで、より臨場感を持った形で自社が提案する住宅の魅力を伝えることができる。

さらに、リアルな住宅展示場とは異なり、WEB上に開設したバーチャル展示場は敷居が低く、新しい集客装置としても期待できそうだ。

しかし、実際にバーチャル展示場を開設しようと考えても、多額のコストや手間がかかることもあり、なかなか一歩を踏み出せないという住宅会社も多いのではないだろうか。こうした住宅会社の悩みを解決するソリューションが、野原ホールディングスの空間3D撮影サービス「INTO(イント)」だ。

このサービスは、実際のモデルハウスを高性能カメラで360°スキャンし、WEB上で実空間を疑似体験できる3Dコンテンツを提供するサービス。しかも、空間3D撮影から訴求力が高いコンテンツにするための基本編集サービスなどまでをパッケージ化しており、延床面積200㎡までの戸建住宅であれば1棟当たり10万円で利用できる。つまり、モデルハウスや入居前の完成物件さえあれば、10万円でバーチャル展示場を開設できるというわけだ。

野原ホールディングス株式会社「INTO」3D画像例
野原ホールディングス株式会社「INTO」3D画像例
1棟当たり10万円からという値段で高精度な3D画像を撮影し、WEBなどで利用可能なデータを作成

空間撮影には、米国のMatterport社の高性能カメラと専用のソフトウエアソリューションを利用する。同社のソリューションは、短時間で空間を360°スキャンすることが可能で、なおかつ3D画像中に様々なタグ情報を埋め込むことができる。

例えば、3D画像中に設計のこだわりポイントや採用している設備機器の説明などの情報を埋め込むことができるのだ。動画情報もタグ付けできるため、こだわりポイントを動画で解説することもできる。

INTO 3D画像例
3D画像の中に設計のこだわりポイントなど情報を埋め込むことができる
(動画・画像すべてスウェーデンハウス(株)豊洲モデルハウス https://www.swedenhouse.co.jp/3dwalk/toyosu_3d.html

野原ホールディングスは、Matterport社とVAR(Value Added Reseller)契約を締結しており、今後、Matterport社に協力して日本国内において、日本語対応のWebサイトなどサポートしていく予定だ。

さらに、同社の強みは創業から約400年、建築・不動産に関わってきたなかで培ったノウハウや知見を有しているという点。3D画像の撮影だけであれば、日本国内でもすでにサービスを提供している企業も多いが、問題は撮影した3D画像をいかに魅力的なバーチャル展示場に仕上げていくかだろう。

先述したような付加的な情報をタグ付けしながら、より多くの集客に結びつけ、さらには受注へとつながるようなコンテンツに仕上げていくことが重要になるのだ。

「INTO」では、この点を重要視しており、クライアントの強みを表現するためのタグ付けまでを行う。しかも、1棟10万円という価格でここまでのサービスを提供している(1年間のクラウド使用料込み、2年目以降は月額1000円のクラウド使用料が必要)。

加えて、オプションとして、商品説明の動画作成やバーチャル展示場への来場者の行動分析といったサービスも提供している。来場者の行動分析を行うことで、その後のクロージングまでの戦略を立てやすくなり、受注率の向上も期待できそうだ。

さらに、様々なカスタマイゼーションにも対応する。例えば、バーチャル展示場の壁の構造を可視化できるような展示場に仕上げることで、目には見えない構造部分のこだわりなども訴求できるというわけだ。

同社では、「Web上だけでなく、ファン化を促すようなコンテンツに仕上げることで、リアルとの相乗効果が図れるようなものを提案してきます」としている。

バーチャル展示場を開設したが、受注に結び付かない…、という事例も散見されるなかで、デジタルコンテンツを利益へとつなげる部分まで指南してくれる点でも期待度が大きいサービスであると言えそうだ。


【お問い合わせ先】

野原ホールディングス株式会社 VDCカンパニー
東京都新宿区新宿1-1-11
メール:into-3dscan@nohara-inc.co.jp
https://www.into-3dscan.com/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事