Kシリーズ

受光面積を最大化する新技術搭載のソーラーパネル


LIXILは受光面積を最大化する新技術の採用で高い発電量を実現したソーラーパネルKシリーズの受注を7月1日から始める。バスバーのはんだ付けをなくし、接続セル間の電力損失を低減させることで受光面積を最大化する新技術HDMを導入。発電効率を向上させた。短辺826㎜とし、標準の「Fサイズ」と、その約80%の大きさの「Sサイズ」を用意する。

商品名 Kシリーズ
価格 Kシリーズ(3段6列の場合)273万8000円から(消費税別)
発売 株式会社LIXIL
掲載 ハウジング・トリビューン Vol.579(2019年11号)

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです