【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2019.6.14

ハウジング・トリビューン Vol.579(2019年11号)

経営トップが読み解く 令和を切り拓くキーワード

企業変化が生き残りの鍵

新たに幕を開けた“令和”。
時代の変化のなかで住宅産業はどのように変化し、企業はどのように事態を切り拓いていくのか。
ハウジング・トリビューンが、住生活産業界のトップたちに「どうなる令和時代〜今後のキーワード〜」のアンケートを行ったところ、「ライフスタイルの多様化」、「IoT・AI住宅」、「働き方改革」など、“変化”を想起させるキーワードが上位に挙げられた。

ハウジング・トリビューン Vol.579(2019年11号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

HTʼS EYES

さらなる木の可能性を
令和に生き残れる企業

経営トップが読み解く
令和を切り拓くキーワード
企業変化が生き残りの鍵

INTERVIEW

ジャパンホームシールド 代表取締役社長 斉藤武司 氏
創立30周年 更なる飛躍へ 住宅の安全をワンストップでジャッジ
Housmart 代表取締役 針山昌幸 氏
AIで不動産業界に働き方改革を 営業マンの力を最大化

スマカチだより スマカチ・シンポジオ
「どうなる住宅市場 都道府県別にみる住宅市場の行方」を開催

TOPICS&NEWS

建築基礎・地盤の技術の高度化を推進で協議会設立
TCFDコンソ設立、ESG投資呼び込み
国交省 人生100年時代の住まいで新事業
国交省 将来放置される土地の管理で初の提言

連載

ここがすごい‼ プレミアム住宅建材
兼松サステック 「乾式防腐・防蟻ニッサンクリーン処理木材」
田舎再生の現場から case4.和歌山県田辺市その③
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

PICK UP

YKK AP 大開口と高い断熱性を両立した窓を開発
パロマ 業界初、センサー搭載の"一歩先行く"安心コンロ

大手ハウスメーカーが相次ぎ中期経営計画 

プレミアム住宅設備〈家事楽水まわり設備編〉
共働き世帯では必須に 家事楽水まわり設備の進化が加速

ルポ

セキスイハイムミュージアム仙台
工場見学と展示場の機能が融合

CLOSE UP

ポラスグループ 30年保証システムを導入 点検・診断・保証で安心を提供
パナソニック ライフソリューションズ社 住生活空間へのVR活用を本格化
オムロン ソーシアルソリューションズ ソーシャルオートメーションで
地方都市のスマート化を支援
早稲田大学 豪雨リスクに先手

変革の時代にマッチする住宅関連資格制度

FLASH

三井ホーム 都市で暮らすミレニアル世代を意識した家
三菱地所ホーム 全館空調「エアロテック」の外販を開始
アキュラホーム 原田環境大臣と意見交換 木をプラスチックの代替品に
大京 東京23区での土地活用提案を本格化
シャープ 住宅IoTプラットフォーマーに参入
クリナップ 赤字脱却へ、巻き返し
ダイキン工業、サンゲツ エアコンパネルのカスタム提案を強化 
(一財)日本建築センター ストック関連事業に注力

Channeling Data

国土交通省 「週休2日モニタリング対象の営繕工事アンケート」


Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る