【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

Power to Gas

ぱわーつーがす

電力を貯める新しい方法として、ドイツ、オーストリア、スイスなどで、研究開発が進み、実用化の事例が出始めている水素エネルギー供給システム。春から秋にかけて太陽光発電で発生する余剰電力を特殊な金属に吸着させ、水素に変換して貯蔵し、冬の電力供給に利用することで、再生可能エネルギーのシーズンシフトを可能にする。YKK不動産が建設を進めるパッシブタウンの第5街区で採用。集合住宅では日本初の事例となる。

このキーワードを含む記事

関連記事