【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

デジタル田園都市国家構想

でじたるでんえんとしこっかこうそう

過疎化や高齢化といった地方の課題に、テレワーク・ドローン宅配・自動配送など、デジタルの実装を進めることで解決を目指す構想。

政府の新しい資本主義実現会議は「緊急提言~未来を切り拓く『新しい資本主義』とその軌道に向けて~」の中で、施策の一つとして示した。自動運転システムの性能、遠隔監視や緊急時の対応等を確認した上で、自動運転移動サービスを認める新制度を創設し、次期通常国会に関連法案を提出することなどを検討する。

このキーワードを含む記事

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2021.12.21

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】オリンピック・パラリンピックが開催

コンセプトは“レガシーの未来への継承” 木造建築、先端技術活用が動き出す

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】新しい資本主義で“デジタル田園都市国家”

デジタル技術の実装進め、地方・郊外の活性化へ 民間も先駆け先進スマートタウンが相次ぐ

関連記事