キーワード  | 2019.7.26

5G

ふぁいぶじー

5th Generationの略称で、「第5世代移動通信システム」を意味する。超高速・超低遅延・同時多接続が大きな特徴だ。

2019年秋に一部でサービスがプレスタート、2020年春に本格スタートする予定だ。大手通信キャリアでは、4Gまでインターネットサービスの主な提供対象はモバイル端末であったが、5Gで住宅関連も含むIoT機器へのインターネットサービスの提供に本格的に乗り出していこうとしている。

このキーワードを含む記事

住宅 |  2020.6.4

プライム ライフ テクノロジーズ、中長期計画を策定

2030年の売上高1兆2000億円に 町おこし事業者を目指す

住宅 |  2020.4.1

積水ハウス、第5次中期経営計画を策定

3ブランドで戸建住宅事業を推進

インタビュー |  2020.3.17

これまでの住宅会社・デベロッパーでは 出来なかったまちづくりを目指す

プライム ライフ テクノロジーズ社 北野亮 社長

その他 |  2020.2.26

住宅・建築業界でデジタルツインの活用拡大

施工品質の担保、維持管理の効率化などに寄与

インタビュー |  2020.2.18

Beyond MaaSがまちづくりを変える

(一財)計量計画研究所 理事 兼 研究本部 企画戦略部長 牧村和彦氏

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る