【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

オープンイノベーション

おーぷんいのべーしょん

社外の技術や経営資源を自社のイノベーションプロセスに取り込み、新たな事業からの収益化を実現すること。また、CVCファンド(コーポレート・ベンチャー・キャピタルファンド)を設置して、社外に資金を拠出し新技術や新サービスを開発する取り組みもオープンイノベーションと言える。さらに、イノベーションが生み出されれば、業務提携や大学の研究室との共同研究もオープンイノベーションの取り組みに含まれる。

このキーワードを含む記事

2021.2.12

日鉄興和不動産、リモートワークに対応した空間を複数提案

3つの提案アイテムを分譲マンションに投入

2021.1.15

三井不動産、コワーキングスペースなどの共用部に従量課金制

自宅の職場化で問われるオフィスの意義

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット①

インタビュー(住宅市場 / ストック市場 / 防災対策 /コロナ対策 / 住宅生産の合理化・省施工化 / 新しい暮らし方・住まい方)

2020.4.10

AIを使いこなす“眼”

住宅産業の突破口

2020.2.26

住宅・建築業界でデジタルツインの活用拡大

施工品質の担保、維持管理の効率化などに寄与

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る