キーワード  | 2017.12.8

炭素繊維

たんそせんい

優れた軽量性、強度性能を備えた新素材。炭素繊維を熱硬化樹脂で固めた炭素繊維強化プラスチックの利用拡大が進んでいる。一方で、熱硬化樹脂には、長期保存が難しいという課題があった。常温で保存できる熱可塑性樹脂もあるが、炭素繊維に含浸しにくいというデリットがあった。積水化学工業は、炭素繊維に独自の工程を加えることで、熱可塑性樹脂を簡単に含浸できる技術を確立。用途開発を進めている。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune |  2017.11.24

ハウジング・トリビューン Vol.547(2017年22号)

住宅に技術革新よびこむ新素材

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る