新設住宅着工戸数の実績と短期的予測結果(野村総合研究所予測)

野村総研、2020年度の住宅着工を73万戸と予測

新型コロナの影響で12万戸減少 リーマンショック時よりも影響大きく

家と電卓のイメージ

住宅ローン返済、新型コロナの影響で不安高まる

フラット35等の返済方法変更は5月末までに1206件を承認

外出自粛のストレス、女性の方が多い傾向

積水ハウス 住生活研究所が緊急調査

住友林業の光吉社長

住友林業 光吉社長、緊急事態宣言解除後の住宅需要に一定の手応え

「かなり確度の高いお客が、ウェブ、展示場でも増えている」とコメント

2020年度の住宅着工、6.6%減の82.6万戸

(一財)建設経済研究所などが予測、新型コロナの影響で市場停滞