新型コロナ |  2020.5.22

アキュラホーム・宮沢社長、コロナ禍克服へホームビルダートップセミナー開催

戦後最大の危機をチャンスへ変革するために

アキュラホームグループは経営者限定のWebセミナーを開催、宮沢俊哉社長自らが講師となり、コロナ禍克服に向けた地域ビルダーの勝ち残り策などを講演した。

WebセミナーはLIVE配信形式で行われ、アキュラホームグループが主宰するスマート・アライアンス・ビルダー・メンバー(SABM)をはじめとして地域ビルダーの経営者、さらにはアキュラホーム社内の経営幹部が多数参加した。

SABMは、「営業利益10%」・「自己資本比率40%以上」という目標の達成を通じて、日本一のホームビルダー集団を目指す組織。

アキュラホーム 宮沢社長
アキュラホーム・宮沢社長

Webセミナーに登壇した宮沢社長は、「(新型コロナウイルス感染症により)住宅業界は集客、受注減による業績の低迷を余儀なくされている。今後、新しい生活様式に適応する必要に迫られ、顧客ニーズも確実に変化すると思われる」という現状認識のもと、「戦後最大の危機をチャンスに変革するための真価が問われ、優劣がはっきりする時である」と語った。

また、自らの成功体験やこれまで蓄積してきたノウハウをもとに、やり方次第では地域ビルダーにチャンスが到来すると指摘。そのためには、「集約や営業面でのWeb活用などを促進し、環境変化に迅速に対応することが肝要である」とした。

参加者からは「この局面での経営の進め方を聞くことができ良かった」、「コロナで自粛ムードがある中で何をすべきか理解できた」といった声が寄せられたという。 アキュラホームグループでは、今後もコロナ禍の克服に向けて、地域ビルダーへの支援を行っていく方針だ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)表紙
Housing Tribune |  2020.9.11
住宅 |  2020.7.6

アキュラホーム、モデルハウスをロボットが隅々案内

アフターコロナで新たな接客の仕方

アキュラホーム 宮沢社長
新型コロナ |  2020.6.16

アキュラホーム、オンライン集客など奏功し受注上向きに

新規顧客の資料獲得などが急増、業態変化の足掛かりに