【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ゲストハウスが都会と田舎の交流拠点に

田んぼで農業と芸術を楽しむイベント 立山町に広がる耕作放棄地を再生活用する構想も

富山県中新川郡立山町に移住した坂口創作さん一家。農家住宅を購入し農業を営むと同時にゲストハウスや、イベントの開催など、新たな試みを手掛けている。 田んぼでの坂口さん一家。農協に協力して稲作の育苗を行っている 「ゲストハウスは都会や海外からの方々に田舎の暮らしを共有できたら喜んでもらえる。また、さまざまな人とのつながりがつくれたらとの思いではじめました」と坂口さん。 ゲストの部屋は約100㎡。7つの…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事

女木島に大学の友人3人で移住、起業

発端は「島を盛り上げたい」という祖母の相談 獣害を避けコンテナでキクラゲを栽培、カフェも運営

2022.6.14

ついにシェルター時代が到来!?

核、地震、津波…高まるリスクにさらなる安全を