【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.11.17

【風水害対策】激甚化・頻発化する水害・風害対策へ 国を挙げた〝総力戦〟の取り組みが加速

近年、水害・風害が激甚化・頻発化し、対策は待ったなしという状況だ。こうしたなかで、国、住宅業界団体、建築学会、住宅事業者、建材メーカーなど、官民を挙げて〝総力戦〟で水害・風害対策の取り組みが加速している。 想定以上の水害が発生家屋などに甚大な被害 ここ数年、気候温暖化などの影響により大規模な台風や集中豪雨により、私たちの生活で水害・風害のリスクが高まっている。 水害については、2019年、台風19…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事