【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.10.22

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

暖かな住まいと健康

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼs eyes

高齢者が自宅に住み続けられるために
改正木促法からの再スタート

暖かな住まいと健康

INTERVIEW

東京カンテイ 市場調査部 井出武 部長
中古住宅市場、マンションは転換期に 戸建は高い水準で安定化

TOPIC&NEWS

国交省、住宅脱炭素化で制度の見直しに着手
「国産材の家認定制度」スタート
住友不動産、新築分譲マンションでZEH標準化

スマカチ通信 2050年カーボンニュートラルの実現へ 住宅・建築の行方とは

MARKET 戸建ストック性能向上へ 建材メーカーがアプローチ強化

日本ボレイト LLHグループの活動を活発化

KSK 電子受発注・電子契約の提案を強化

識者はこう見る「改正木促法」
法政大学 デザイン工学部建築学科 教授 網野禎昭 氏
東京大学 生産技術研究所 教授 腰原幹雄 氏

CLOSE UP

パナソニックホームズ ニュージーランドで住宅部材供給事業を開始
東京大学×積水ハウス 寄付講座に研究施設「T-BOX」を新設
Looop PV+蓄電池の新たなリースサービスを開始
パナソニック エコシステムズ 25年までに換気で売上高3割増目指す

連載

金丸レポート【田舎再生の現場から】㉜「ゲストハウス サライ」
食環境ジャーナリスト 金丸弘美 氏

FLASH

ヒノキヤグループ 「Z空調」の体感施設で夏仕様を提案
アールシーコア 移動できるログ小屋を発売
ポラスグループ 中央住宅 マインドスクェア事業部 マンションDv 分譲マンション「ルピアグランデ柏」が販売好調
パナソニック アーキスケルトンデザイン 脱炭素などで付加価値高めた企画住宅を開発
タカショー ハイブリッド形成で展示会を開催 DX駆使したパッケージサービスを目玉に

Channeling Data

(一社)プレハブ建築協会「プレハブ住宅完工戸数実績調査及び生産能力調査報告書」

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事