【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.10.6

YKK AP、社会課題解決のモデルハウスを建設

未来パネルなど訴求

YKK APは神奈川真鶴町に社会課題の解決をテーマにしたモデルハウスを建設した。全国の工務店などに対し、省施工を実現する「未来パネル」などを訴求する拠点としていきたい考えだ。

YKK APはキット住宅の販売を行うワールドハウジングクラブ(WHC)、(一社)LIVING TECH協会と連携し、戸建住宅のモデルハウス「真鶴の家」を建設、公開を開始した。

未来パネルの施工風景

同モデルハウスのコンセプトは社会課題の解決で、その社会課題の一つが深刻化する“職人不足と高齢化の問題”だ。建設業界では、窓が高性能化するに伴い重量化しており、職人不足と高齢化が進む中、施工者の負担が課題となっている。こうした課題を解消するためのソリューションとして、今回、YKK APはワールドハウジングクラブと共同開発した「未来パネル」を「真鶴の家」に採用した。未来パネルは、YKK APが専用に開発した高性能トリプルガラス樹脂窓とパネル(面材+断熱材)を1つにした次世代型の高断熱複合パネルユニットだ。「未来パネル」は室内側からのパネル施工ができるため従来のように重量化した窓を外部から取り付ける必要がなく、狭小地でも安全かつ容易な施工が可能。また、パネル平面から出っ張りのない専用窓によりパネルの平積みを実現し、工場からのパネル搬入のコンパクト化や配送回数を削減し、約1週間の工期短縮を実現する。さらに、建築現場で端材が出ないため、ゴミの量も最小限にできる。

コロナ禍の暮らしへの対応やスマートホーム化も

「真鶴の家」の内観

「真鶴の家」では、社会課題の一つとして、コロナ禍の新しい生活様式への対応も設定し、様々な提案を行っている。

在宅ワークでオンとオフを切り替えやすくするように、在宅ワーク空間と住まい空間を明確に分けた間取りを採用。衛生強化の需要の高まりに対応し、玄関スペースへの洗面の設置やタッチレス水栓、天井埋め込み型空気清浄機、自動洗浄トイレなども導入している。

また、在宅時間が長くなり、より家の中での利便性を求める需要に対応し、(一社)LIVING TECH協会と連携しながらスマートホーム化にも取り組んでいる、

具体的には、より快適にスマートホームでの暮らしを行えるよう、IoTデバイスや充電器の設置位置を設計段階から考慮。加えて、スマートスピーカーを通じて、デバイス同士を連携させ、一括操作できるようにした。これらの取り組みについては、(一社)LIVING TECH協会のスマートホームに関して豊富な知識を持つスタッフが「スマートホームコンシェルジュ」として監修に携わった。

今後、「真鶴の家」モデルハウスについては、YKK APが「未来パネル」を全国の工務店などに訴求するためのショーケースとして活用する。また、「真鶴の家」の商品化も行い、ワールドハウジングクラブが9月末から全国の工務店に対しキット販売する予定だ。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事

2019.10.22