2021.9.9

シェアの仕組み活用した二拠点・多拠点が広がる コスト抑えて取り組みやすく

⑧どこまで進む、シェアな住まい

コロナ禍でテレワークが普及し居住場所の自由度が高まったことで、二拠点・多拠点居住のニーズが高まっている。一方で、追加の住まいコストが課題となっているが、シェアの仕組みを活用することで取り組みやすくする提案が活発化しており、今後ますます拡大しそうだ。 コロナ禍で高まる二拠点・多拠点暮らし追加居住コストが問題に 二拠点生活への意向を持つ人の割合出典:リクルート コロナ禍でテレワークが一気に普及したこと…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事