【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

時代の要求を巧みに生かし変化を続けるドアやロック等の開口部品

内と外の空間をフレキシブルにつなぐ 開口部品(その2)

ドア(戸)は、住まいを代表する顔である。戸籍や戸主のように使われ、一戸建て住宅、新築住戸という表現で「戸」が使われる。住まいの内と外を仕切る、社会と個々の住まいを分けることに代表して「戸」を使っている。 この住まいの顔であるドア(戸)、住宅に用いられるドアも住宅用サッシと同様に1965年からの統計データがあるので、住宅着工戸数が勢いを増した時代から、そこに使われた工業化ドアの出荷動向と住宅への採用…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事