2021.1.12

ワーケーションが都市と地方を結ぶ新たなコミュニティーネットワーク 

パソナJOB HUB 事業開発部長兼ソーシャルイノベーション部長 加藤遼氏

ワーケーションと暮らし【後編】

新型コロナウイルス感染拡大によるテレワークの普及で注目され始めたワーケーション。働き方だけでなく都市や地方を結ぶ1つのキーワードとしても関心が高まっている。ワーケーションにおける住宅のインパクトについてパソナJOB HUB 事業開発部長兼ソーシャルイノベーション部長の加藤遼氏に聞いた。


──ワーケーションスポット・スペースを提供・提案する企業や自治体などが注意すべき点は。

パソナJOB HUB 事業開発部長兼ソーシャルイノベーション部長 加藤遼 氏
全国を旅するように働きながら、タレントシェアリング、サーキュラーエコノミー、サステナブルツーリズムをテーマとした事業開発に従事。また、IDEAS FOR GOOD Business Design Lab.所長、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、総務省地域力創造アドバイザー、東京都観光まちづくりアドバイザー、NPOサポートセンター理事、多摩大学大学院特別招聘フェローなどを兼務し、ビジネス・パブリック・ソーシャルのトライセクター連携によるソーシャルイノベーションに取り組んでいる。

地域におけるワーケーション資源は、大きく3つあると考えています。1つ目は施設やインターネット環境などハード面、2つ目は地域ならではの体験や研修、地域での活動をはじめとしたプログラムなどソフト面、3つ目は地域の人々との良好な関係性です。この3つが上手くかみ合ってこそ、ワーケーションは都市の企業や働く人と地域を結び、企業や地方に有益な効果をもたらします。

ワーケーションが上手くいくための前提として、ハード面の整備は非常に重要です。田舎暮らしに慣れている人は別ですが、都市部で暮らす人は、滞在地で不便や不快を感じるとその地域やワーケーションそのものが嫌いになってしまう可能性があります。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事