ツーバイフォー工法に国産スギ材を活用 FJ加工で長さ問題をクリア、量産に成功 

林業は成長産業になれるか 16

木材市場がツーバイフォー材の加工販売事業に参入

林業生産と建築における木材利用とを連携させる上で調整しなければならないことのひとつに材料の長さがある。立木を伐り倒し、丸太に切り分ける際にどのくらいの長さで切るかは、その後の製材品としての利用に大きく関わる。通常は、柱用なら3m、梁桁や土台などの横物や下地材用なら4mというのが国産材丸太の一般的な長さの規格になっていて、特段調整の必要はない。

国産スギ材を利用したツーバイフォー製材品


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事