効果の実証がワーケーションを広げる

ワーケーションが大きな注目を集めている。地域活性化、観光業の後押し、働き方改革、地方分散など、さまざまな文脈で語られているが、それだけワーケーションが持つ可能性が大きいということだろう。 自然のなかに身を置くことで集中力が高まり生産性も向上するといったエビデンスが積まれ始めている ワーケーションスポットを提供する自治体、運営事業者が期待する一つの流れが企業による活用だ。そのため重要になるのが説得力…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.623(2021年13号)

特集:

2050年へのカウントダウン

PV、ZEH賃貸、100%再エネ街づくりなど2050年までの「脱炭素社会」の実現に向け、社会が大きく動き出そうとしている。
政府は2030年度までに全国で少なくとも100か所の地域で先行して「脱炭素」を達成し、多くの地域で2050年を待たずに「脱炭素」を実現する方針だ。
住宅分野でも省エネ基準適合義務化、ZEH・LCCM住宅の普及拡大、太陽光発電の導入拡大に向けた施策の検討がなされている。
こうした動きを受け、今後、住宅への太陽光発電の導入や、ZEH賃貸、脱炭素まちづくりなどの“住宅脱炭素化マーケット”が本格的に拡大していきそうだ。

目次を見る

関連記事

2021.6.7

コロナ禍で地方移住は進むのか?

タス 藤井和之 氏 / 日本総合研究所調査部 藤波匠 氏

新築離れで既存住宅リノベへの関心高まる

築古戸建や事務所はコワーキングとして活用を

郊外シェアオフィスが足りない 住宅・不動産事業者は整備を

(一社)日本テレワーク協会 専務理事 田宮一夫 氏