2020.10.27

国交省と厚労省が連携し建設業の人材育成へ

CCUS普及、デジタル・ガバメントの推進など

国土交通省及び厚生労働省は、建設業の人材確保・育成、魅力ある職場づくりの推進に向け多角的に取り組むため、2021年度予算概算要求の概要を取りまとめた。「建設キャリアアップシステム(CCUS)普及・活用に向けた官民施策パッケージの推進」(1億9700万円)などを新規施策として盛り込んだ。 専門工事企業の施工能力等の見える化のイメージ CCUSは技能者の資格、社会保険加入状況、現場の就業履歴などを業界…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事