【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

冬の健康を意識したい暖房機器 温熱環境を整え

エアコン1000万台時代から脱却

なぜ、いくつもの暖房機を使い続けるのか 住宅における断熱気密性能が不十分なために、能力は望まれるほどには発揮できない。このことは、少し考えれば十分にわかることである。例えてみれば暖かい湯を浴槽に入れても、浴槽の断熱性能が悪いと、すぐに冷えて浴湯は下がり、追い焚きしなければならない。浴槽の底の部分の断熱が悪ければ、底部が冷えて、素足が浴槽内に生じる温度差を感じる。 図1 近年の暖冷房機器の出荷台数推…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット①

インタビュー(住宅市場 / ストック市場 / 防災対策 /コロナ対策 / 住宅生産の合理化・省施工化 / 新しい暮らし方・住まい方)

適切換気と温熱環境を整備してこそ健康で満足な空間になる

健康と快適を模索する空間、 浴室・トイレ・洗面所(その3)

Presented by パナソニック ライフソリューションズ社

With災害時代の新常識  エコキュート、創蓄連携システムなど今、求められる住宅設備

“必要なのは、災害への「備え」を普段の生活に取り入れること”