冬の健康を意識したい暖房機器 温熱環境を整え

エアコン1000万台時代から脱却

なぜ、いくつもの暖房機を使い続けるのか 住宅における断熱気密性能が不十分なために、能力は望まれるほどには発揮できない。このことは、少し考えれば十分にわかることである。例えてみれば暖かい湯を浴槽に入れても、浴槽の断熱性能が悪いと、すぐに冷えて浴湯は下がり、追い焚きしなければならない。浴槽の底の部分の断熱が悪ければ、底部が冷えて、素足が浴槽内に生じる温度差を感じる。 図1 近年の暖冷房機器の出荷台数推…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット①

インタビュー(住宅市場 / ストック市場 / 防災対策 /コロナ対策 / 住宅生産の合理化・省施工化 / 新しい暮らし方・住まい方)

 

2020.11.6

適切換気と温熱環境を整備してこそ健康で満足な空間になる

健康と快適を模索する空間、 浴室・トイレ・洗面所(その3)

Presented by パナソニック ライフソリューションズ社

2020.9.23

With災害時代の新常識  エコキュート、創蓄連携システムなど今、求められる住宅設備

“必要なのは、災害への「備え」を普段の生活に取り入れること”