オピニオン |  2020.1.27

東京オリ・パラは何を残せるか

今年のトピックは、何といっても「東京オリンピック・パラリンピック」の開催である。半年後に迫った7月24日の開会式に向けて着々と準備が進められている。

今、オリンピック・パラリンピックが持つパワーが東京という大都市を大きく変えつつある。国立競技場という東京を表す一つのアイコンがその姿を変えたのをはじめ、後に住宅として活用される晴海の選手村を筆頭に、大都市のなかでいくつもの大規模開発が進んでいる。さらに道路や鉄道といったインフラ整備も進む。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目