【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

どうする? スギ大径材問題 大きく育った木を有効に利用したい(下)

林業は成長産業になれるか⑥

利用期を迎える国産材を活用して林業の成長産業化に導くにはどのような取り組みが求められているのか。林材ライターの赤堀楠雄氏が地域で芽生える国産材活用の事例をルポする。 大径材になれば生産効率が高まる 最近、皆伐再造林を推進しようという論調が林業界で強まっている。背景には人工林の資源事情があり、40~60年生の利用期に達した林分が増えているのに、若い林分が極端に少なくなっていて(図1)、林齢構成を平準…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事