【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2019.12.25

さくら事務所、新築戸建の地震対策をトータルアドバイス

微動探査で地盤の揺れやすさを把握

さくら事務所は、新築戸建て住宅を対象とした【建物×地盤】地盤対策トータルアドバイスサービスを開始した。地盤調査「微動探査」から地盤の揺れやすさを把握し、確保すべき耐震性能などをアドバイスする。


戸建住宅の地盤調査法として普及しているスウェーデン式サウンディング試験は、建物の重さに地盤が耐えることができるかを調べる調査であり、地震が発生時にどれくらい地盤が揺れやすいかなどを把握することはできない。対して微動探査は、地盤を掘削しない非破壊検査で、人間が感じることのできない小さな揺れを測り、地震発生時の地盤の揺れやすさを把握できる画期的な地盤調査法だ。自治体などが公表するハザードマップなどには、250m四方程度の間隔で土地の揺れやすさが大まかに示されているが、微動探査では、ピンポイントで地盤の揺れやすさを計測できる。

これまでビルなどの大型建築で使用されてきた調査法だったが、ここにきて測定装置の小型化などが進み、戸建住宅での活用も増え始めている。そこで、個人向けの不動産コンサルティング、インスペクション事業を展開するさくら事務所は、戸建住宅への微動探査の普及を進める(一社)地域微動探査協会の協力を得て、微動探査を活用し新築時の木造戸建住宅の地盤対策をアドバイスする、【建物× 地盤】地盤対策トータルアドバイスサービスを開始した。庭先やガレージなどの約1.5m四方の敷地があれば調査可能で、重さ2.5kgの機器4 台を地面に置き、約40分~1 時間程度の短時間で調査は完了する。微動探査の測定業務は、(一社)地域微動探査協会の会員企業が担い、その調査結果から作成した地盤の揺れやすさを見える化したレポートをもとに、ホームインスペクター(住宅診断士)が地震対策や解決方法をアドバイスする。

【建物× 地盤】地盤対策トータルアドバイスサービスと調査後のコンサルティング(1回)の料金は10万円(税抜)。アフターフォローも充実させ、サービス後も無料で電話やメールによる相談などにも対応する。さらに、別途有料で、微動探査の調査結果をもとに、設計のセカンドオピニオンサビースを提供し、工事中の第三者チェックも実施する。

さくら事務所の大西倫加代表取締役は、「微動探査を活用することで、手軽に地震の揺れやすさを把握でき、その揺れやすさを考慮して新築住宅を設計できる将来的には、微動探査の手軽さを活かして、既存住宅の揺れやすさを把握し、どういった対策が必要かをアドバイスするサービスも提供していきたい」と話す。

2.5kgの機器4台を地面に置き、約40分〜1時間程度の短時間で調査は完了
微動探査の調査結果から作成した地盤の揺れやすさを見える化したレポート

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事