【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

木材活用地盤対策研究会、丸太を使った液状化対策を公開

新たな木材需要としても期待

木材活用地盤対策研究会は、丸太を地中に埋め緩い砂地盤を改良する「LP-LIC」工法で実際に工事を行っている現場を公開した。液状化対策と炭素削減が同時にできる工法として報道関係者にアピールした。 木材活用地盤対策研究会は飛島建設やミサワホーム、住友林業などで構成。木材を活用した持続可能な建設技術を通じて、強靭で持続可能な社会の構築を目指している。その一環として同研究会が開発したのが「LP-LIC」(…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事