国産材を活かす |  2019.12.25

どうする?スギ大径材問題 大きく育った木を有効に利用したい(上) 

林業は成長産業になれるか⑤

利用期を迎える国産材を活用して林業の成長産業化に導くにはどのような取り組みが求められているのか。林材ライターの赤堀楠雄氏が地域で芽生える国産材活用の事例をルポする。


スギの売れ筋は柱取り材と中目材

長い年月をかけて育った大木には、人の心を惹きつける魅力がある(写真1)。ところが、現在、国産材の代表的な樹種であるスギの場合、太い丸太ほど売りづらく、値段も安くなるという事態が発生している。

スギのもっとも一般的な用途で、生産・流通量も多いのは、3寸5分角(10・5㎝角)あるいは4寸角(12㎝角)の芯持ち柱角である。そのサイズの柱を製材するには、末口径(細い方の小口の直径)が16~20㎝程度の丸太(「柱取り丸太」あるいは「柱適寸」などと呼ばれる)が適していて、量産型の工場では、そのくらいのサイズの丸太を大量に集荷し、自動化されたツインバンドソーを駆使して柱を連続生産している(写真2)。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る