Housing Tribune |  2019.12.13

ハウジング・トリビューン Vol.590(2019年23・24号)

2019年重大ニュース

変わる市場、産業界、政策
どうなる2020年

2019年が終わろうとしている。
日本の転換期になるかもしれないオリンピックイヤーを翌年に控え、住宅産業界でもさまざまな出来事が起こった。
消費税10%が導入され、相次ぐ巨大台風が全国各地で猛威を振るった。
政策面では建築基準法、建築物省エネ法、入管法など住宅産業界に大きく関わる法律が改正され、新たなルールが示された。
AIやIoTやMaaS、BIMなど先端技術が住宅づくりを大きく変えつつある。
これらは2020年からの10年間の住宅産業界の姿へとつながる。

目次

HTʼS EYES

ZEH普及の先にあるもの
データの再入力問題

2019年 重大ニュース
変わる市場、産業界、政策 どうなる2020年

INTERVIEW

ワンリーグループ 代表取締役 小寺直人 氏
高まる蓄電池ニーズに応えたい ビルダーとOB顧客の橋渡しに

TOPICS&NEWS

ZEHの実績が27%増と急拡大
積水化学工業が分譲マンション事業に本格参入
住友林業が若手設計者の研修にVRを導入
積水ハウスがベトナムに技能訓練施設開設
タワマン電源設備の浸水対策で指針
工学院大・能美防災が新消防技術
国交省がまちづくりへのSIB活用に本腰
楽天などが引越し+不用品フリマ出品サービス

スマカチだより 顧客にオドロキと感動をもたらす熱狂ブランドマーケティング

連載

近年の住宅部品の実態を観る(第3回)
ハウジングトリビューン特別編集委員 村田幸隆 氏

[国産材を活かす]林業は成長産業になれるか⑤ 林材ライター 赤堀楠雄 氏

家庭用蓄電システム本格普及へ
相次ぐ災害への対策でニーズ急拡大

デザインの国デンマークに学ぶ
"ヒュッゲ"な空間のつくり方

CLOSE UP

フリーダムアーキテクツデザイン 注文住宅の完成イメージを見える化

進化を続けるインテリア
意匠性、機能性で"こだわり"に応える

FLASH

旭化成ホームズ 展示場で「時短」や「時産」の暮らしを提案
住友林業 CLTの箱状構造体つなぐ木造建築物
住宅エクステリアガーデン研究会 「JEGデザインコンテスト2019」を開催
さくら事務所 新築戸建の地震対策をトータルアドバイス
LIXIL 玄関引戸をフルモデルチェンジ
TATERU IoTアパート管理・宿泊事業で成長目指す
(一社)日本ホウ酸処理協会 第一回 全国大会を開催