【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2019.11.27

大手住設メーカー、増税駆け込みの影響大きく

中間決算、過去最高益も

大手住宅設備メーカーの業績が好調だ。消費税増税の駆け込み需要が大きく影響し、過去最高益を挙げるメーカーも出た。 10月1日から実施された消費税増税の駆け込み需要が、大手住宅設備メーカーで大きく出たことが、各社の中間決算からわかった。 「9月になってから駆け込み需要が想定を超えて急増した」(TOTO・喜多村円社長)、「8・9月、駆け込み需要がかなり大きく出た」(タカラスタンダード・井東洋司副社長)と…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2021年度決算[設備]

主要設備メーカーは各社大幅増益 新築の回復にリフォーム好調が追い風に

磯貝匡志 ミサワホーム社長「未来へつなぐ、笑顔をつなぐ」

人口減少、超高齢化、脱炭素など難課題に住宅から挑戦へ

2021.6.29

ウッドショックが突き付ける課題

住宅業界変革の契機にできるか?