オピニオン |  2019.11.22

日本人になじむ和室、床座の生活スタイル 高齢者の認知症を緩和する効果も期待 

実践女子大学 生活科学部 生活環境学科 教授 橘弘志氏

床座と住まい【前編】

洋室中心の住まいが当たり前になり、住まいから和室が減ってきている。このまま和室は廃っていくものなのか。高齢施設などの住環境を研究する実践女子大学の生活環境学科の橘弘志教授は、「日本人は床に座って暮らす床座の生活スタイルになじんでいる。その最たるものが畳敷きの和室。高齢者施設での和室の使われ方から改めて和室の意味・役割が見えてくる」と話す。

実践女子大学 生活科学部 生活環境学科 教授 橘弘志 氏
1991年東京大学工学部建築学科卒業。現在、実践女子大学生活科学部生活環境学科教授。主な研究分野は、建築計画学・高齢者居住環境計画・環境行動学。主な著書に『北欧流「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン』(彰国社)、『福祉転用による建築・地域のリノベーション』(学芸出版)などがある

──和室はこのまま廃っていくものなのでしょうか。

私は、これまで高齢者を中心とする福祉施設の住環境を研究してきました。そうした施設で取り入れられている和室や畳床の使われ方、そうした現場から見えてきた和室の意味・役割についてお話しできるかもしれません。

そもそも日本人は、靴を脱いで家に入るという文化と関係があると思うのですが、床に座って過ごす床座の生活スタイルに慣れ親しんできました。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

オピニオン |  2019.12.12

【Agora 住宅言論広場】「住宅でのBIMの可能性」

東京工芸大学 森谷靖彦氏/Arch 5 小俣光一氏

オピニオン |  2019.12.11

身体能力が低下しても畳の上では自分でコントロールして生活しやすく

実践女子大学 生活科学部 生活環境学科 教授 橘弘志 氏