経産省、EV活用で業界横断の協議会

V2HやMaaSの推進へ96者が連携


経済産業省は電気自動車(以下EV)をV2Hや MaaS、災害対策での活用を推進するため、業界を横断した協議会を立ち上げた。住宅不動産事業者を含む96者が連携しEV活用を進めていく。


地球規模での気候変動対策や、省エネの観点から電気自動車(EV)の普及が急務となっている。一方、蓄電・給電機能等を活用することで、EVを災害時の非常用電力や住宅のエネルギーシステムの一部として活用すること(V2H:Vehicle to Home)への社会的な期待が高まっている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです