リビタ “コミュニティマネジメント付き”リノベ事業を開始

供給後の付加価値に


リビタはリノベーション事業でコミュニティマネジメントの取り組みを本格化させる。
リノベーション物件供給後もコミュニティマネジメントサービスを提供し、物件の価値を高める。

リビタは新たに、一棟リノベーションマンションとリノベーション社員寮で、コミュニティマネジメントの導入に乗り出した。リノベーション事業でコミュニティを付加価値にした取り組みを本格化させる。

一棟リノベーションマンションにおいては、これまでもシェアキッチンなどの共有スペースを設けたり、引き渡し時に交流イベントを実施するなど、近隣住民も含めたコミュニティ醸成の仕掛けづくりに取り組んできた。しかし、「引き渡し後の状況までは把握できておらず課題と感じていた」(分譲事業本部・田代健太氏)という。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事