地域への責任を胸に次の50年に向けた種を撒いていく

中央住宅 代表取締役社長 品川典久


  • 1969年 中央住宅社設立 創業地となった草加市の店舗兼自宅

  • 創業者である中内俊三氏

  • 1982年 直営責任一貫施工体制構築 木材の仕入れから加工、施工、アフターサービスなどを全て社内で行う直営責任一貫施工体制を構築

  • 1982年 茨城県坂東市にプレカット工場開設 茨城県坂東市のプレカット工場

  • 1985年 「南越谷阿波踊り」開催 ポラスグループの拠点である埼玉県越谷市で開催されている「南越谷阿波踊り」

  • 1987年 ポラス建築技術訓練校を開校

  • 若き大工・技能者を育成し、職人不足へと対応するポラス建築技術訓練校

  • 1988年 事業部制へ移行 戸建分譲事業部を創設 景観協定や建築協定をいち早く取り入れた分譲住宅事業を推進。コミュニティ形成に向けた提案も積極的に実施。

  • 1991年 グループ名を「ポラスグループ」に

  • 2013年 「浦和レッドダイヤモンズ」のトップパートナーに

  • 2019年 創業50周年を迎える

    2019年7月、ポラスグループは創業50周年を迎える。創業以来、地域密着型経営を貫きつつ、売上高2000億円近くにまで成長を続けてきたビジネスモデルは、全国的にみて稀有な事例である。ポラスグループは、いかにして地域密着の姿勢を貫きながら企業としての成長を遂げることができたのか。現在の主力事業である戸建分譲事業の立ち上げから携わってきた、中央住宅の品川典久社長に話を聞いた。

    品川典久 代表取締役社長

    とにかく真面目に、誠実に入社1年目で成績トップに

    ──品川社長が当時の中央住宅に入社したのが、創業から9年目のことだったそうですね。

    我々が新卒採用の3期生でした。当時の中央住宅はまだまだ小さい会社でしたが、我々の同期は42名が入社し、当時の企業規模から考えると、かなり思い切った採用を行ったのではないでしょうか。

    私は大学で建築を学びましたが、営業職を希望し、中央住宅への入社が決まりました。正直、入社前は住宅営業がどのようなものなのか想像もできませんでしたが、「営業をやらせてください」とお願いして入社することになったのです。

    全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

    Housing Tribune Online無料会員とは?

    無料会員登録済の方
    新規ユーザー登録
    *必須項目

    関連記事

    住まいの最新ニュース

    地域のニュース

    外部サイトへのリンクです

    人気記事