ちょっと寂れたコンクリートの町と音楽 海と砂浜以外の沖縄の空気感を伝える宿泊施設に

case3. 沖縄県沖縄市その②


沖縄市の商店街「中央パークアベニュー」の空き店舗をうまく活用した「トリップショットホテルズ・コザ」。沖縄市の旧名はコザ。米軍基地があり米兵が多く訪れたことで、彼ら向けのキャバレーや美容室、バーなどがあった。しかし、ベトナム戦争終結後、米兵の数が激減。そののち郊外にショッピングモールができ車社会になって商店街から人が流失。今、宿泊施設になっているのは、当時、実際に使われていたものだ。現在、5部屋がある。

できるだけ当時の雰囲気を活かし宿泊施設としたもの。食事は出さず、商店や、その周辺にある飲食店や観光地を利用してもらい、町そのものをホテルにするという斬新なコンセプトだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです