お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

ちょっと寂れたコンクリートの町と音楽 海と砂浜以外の沖縄の空気感を伝える宿泊施設に

case3. 沖縄県沖縄市その②

沖縄市の商店街「中央パークアベニュー」の空き店舗をうまく活用した「トリップショットホテルズ・コザ」。沖縄市の旧名はコザ。米軍基地があり米兵が多く訪れたことで、彼ら向けのキャバレーや美容室、バーなどがあった。しかし、ベトナム戦争終結後、米兵の数が激減。そののち郊外にショッピングモールができ車社会になって商店街から人が流失。今、宿泊施設になっているのは、当時、実際に使われていたものだ。現在、5部屋がある。

できるだけ当時の雰囲気を活かし宿泊施設としたもの。食事は出さず、商店や、その周辺にある飲食店や観光地を利用してもらい、町そのものをホテルにするという斬新なコンセプトだ。

トリップショットホテルズ・コザの一室は、ロックバーを改装したもの。壁の一部がむき出しのブロックで、当時の人気バンドやミュージシャンの名前がびっしり書かれている

実際に泊まった1部屋は、ロックバーだったところ。壁の一部がむき出しのブロックで、当時の人気バンドやミュージシャン、ザ・フー、ジミ・ヘンドリックスなど、名前がびっしり書かれている。他に2部屋を拝見させていただいた。1つは元美容室。1つはバーだったところ。バーの部屋はカウンターに酒も並んでいて、そのまま仲間と楽しめるようにもなっている。部屋はいずれも商店街の2階にあり点在している。下の店舗の横の階段をあがり鍵を開けて入る。稼働率は70%。利用客は日本人と外国からが半々。海外からは台湾、韓国、上海からが多いという。評判も上々だ。

「国内では都心部の人の利用が多い。私たちはアドベンチャー層と言っている。変わったホテルに興味を持っている人たち。今年、6か所が増える予定。20か所を目指している」とは運営を担当する㈱ファンファーレジャパンの取締役プロデューサー神山繁さん。酒造メーカーに働いたのちバーを経営していた。

「バーは手段であって情報を発信したいと思っていた。今の会社の代表(島袋武志さん)と知り合い彼のアイデアを具現化している。この地域は昔賑わってすごかったよと言われていた。だったら復活させようと。当初は音楽ライブとかイベントとか好きなことをしていた。ところがだんだん空き店舗が増えてきた。米兵の事故のニュースが流れるとすぐ影響を受ける。戒厳令が引かれたりで死活問題にもなったりした。それでもほそぼそとやってきた。

これからはコンテンツが必要だと彼が言って、テレビ番組やフリーペーパーを創ったりした。沖縄は青い海、白い砂浜だけじゃない。コンクリートのアメリカのちょっと寂れたというと語弊があるけど、くすんだ感じのところが僕らのコザ。それで音楽が漏れている。僕らの空気感を伝えるのって宿泊施設じゃないのと。町起こしをしたい。だったら空き店舗を埋めるなら宿泊施設にしたらと始まった。リノベーションをして綺麗にするのではなく、あった店舗の個性を活かしながらやったらコストパフォーマンスもいいのかなと。もともとの歴史を起こせば、お洒落な空間になるのではないかと。脱お洒落のお洒落。沖縄で育ってきた僕らの空間と空気感を表現できればと。今、運営しているバーの上にあった美容室を大家さんに話してリノベーションをして始まった」(神山さん)

最初はコザ信用金庫から200万円の融資と、役場からのリノベーション事業の2分1補助を受けた。オープンにあたり認知をしてもらうためブッキング・ドットコム、楽天、じゃらん、エクスペリア、アゴタなど、内外の宿泊予約サイトを使った。2店舗からは沖縄銀行から発想がおもしろいと共感を得て融資を受けている。

1号店の美容室の下でカフェ・バーを運営していて、そこがフロントを兼ねる。現在、スタッフは4名。今後は部屋自体を楽しんでもらうと同時に、町にある飲食店、ライブハウスなどの街中でのコラボレーションをしていきたいという。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事