【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

住まいの幸福度

何かと話題になる「幸福度」。 国連の関連機関が発表する「世界幸福度報告書」の2018年版によると、日本は54位。人口当たりのGDP、社会的支援、健康な平均寿命、人生の選択をする自由、性の平等性、社会の腐敗度–という6項目から評価しているという。 一方、「全47都道府県幸福度ランキング2018年版」(監修:寺島実郎、編:日本総合研究所)では福井県、東京都、長野県がトップ3。こちらは、財政健全度や一人…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

アグリヒーリングは住宅の付加価値になる 住宅事業者は潜在需要への対応を

順天堂大学大学院医学研究科 緩和医療学 協力研究員 千葉吉史 氏

2020.11.13

ワーケーション、その可能性

地域創生、働き方改革の切り札となるか

iYellグループ 窪田光洋 代表取締役社長兼CEO

コロナ禍の今こそ住宅ローン選びの最適化を推進したい