住まいの幸福度

  


何かと話題になる「幸福度」。

国連の関連機関が発表する「世界幸福度報告書」の2018年版によると、日本は54位。人口当たりのGDP、社会的支援、健康な平均寿命、人生の選択をする自由、性の平等性、社会の腐敗度–という6項目から評価しているという。

一方、「全47都道府県幸福度ランキング2018年版」(監修:寺島実郎、編:日本総合研究所)では福井県、東京都、長野県がトップ3。こちらは、財政健全度や一人当たり県民所得などのほか、健康、文化、仕事、生活、教育といった70指標の値をもとにしている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース