お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

エンジョイワークス クラウドファンディングで空き家再生へ 全国で初めて小規模不特事業者登録

プロジェクト第一弾は葉山の空き蔵を宿泊施設にリノベ

エンジョイワークス(神奈川県鎌倉市、福田和則代表取締役)は、まちづくり参加型クラウドファンディングサービスの提供を開始した。サービスの提供に伴い全国で初めて小規模不動産特定共同事業者として登録。空き家や遊休不動産の再生・利活用、まちづくりを進めていきたい考えだ。

深刻化する空き家問題。総務省の「平成25年住宅・土地統計調査」によれば、総住宅数に占める空き家の割合を示す空き家率は2013年に13.5%と過去最高を記録した。野村総合研究所は2033年には空き家率は30.4%を超え785万戸になると予測しており、早急な対策が求められている。

政府は2016年に閣議決定した住生活基本計画の8つの目標のひとつに、「空き家の活用・除去の推進」を掲げている。2013年時点、利活用の目途が立っていない318万戸の空き家を極力増やさず400万戸程度に抑える。目標達成には空き家を取り壊すか活用しなければならない。そこで、空き家をリノベーションしシェアハウスや民泊として活用したり、自治体がコミュニティを育む場として利用するケースなどが増えている。

鎌倉市に事業所を構えるエンジョイワークスは空き家や遊休不動産の活用に関する「物件」や「人」、「金」の課題を解決するクラウドファンディングサービスとして昨年2月より「ハロー!RENOVATION」を展開している。ウェブサイト上でさまざまな空き家のリノベーション事例を紹介することで、空き家のオーナーと空き家を使いたい人のマッチングなどを行う。空き家再生に携わるプロフェッショナルや「リノベーションを手伝いたい」といったサポーターなど、多様なユーザーが登録できる。あらゆるユーザーが登録することで空き家活用に関するアイディアの幅が広がる。

同社は5月に全国で初めて小規模不動産特定共同事業者として登録された。昨年12月の「不動産特定共同事業法の一部を改正する法律」の施行により、これまで購買型や寄付型のみだったクラウドファンディングサービスに投資型が追加された。同事業者として登録したことにより今までβ版として展開してきた同サービスを6月より本格始動させた。投資による参加はもちろん、同社の投稿に対するフェイスブック、インスタグラムでの「いいね」やコメントの書き込みや、宿づくりイベントへの参加など、さまざまな方法で個人がまちづくりに主体的に参加できるのが特徴だ。

第一弾プロジェクトは空き蔵を宿泊施設にリノベ

この「ハロー!RENOVATION」の第1弾として京急電鉄と共同で、葉山町にある空き蔵をリノベーションする。

京急電鉄は、「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、ベンチャー企業とともに京急沿線の暮らしとその先の未来を豊かにする新規事業の創出を目指すプログラム「KEIKYUアクセラレーター・次の120年に羽ばたくイノベーション」を展開している。京急線沿線にはインバウンドの玄関口である羽田空港や品川エリアに加え、横浜や横須賀など特色をもった個性的なまちが多数存在。異なる魅力を持つまちを更に活性化させていくには、ディベロッパー目線で画一的に再開発するのではなく、それぞれの魅力を活かし、地域住民と共創してボトムアップ型でまちづくりをしていくことが必要だと考え、プログラムのひとつとして「ハロー!RENOVATION」を採択した。

共同プロジェクトは地域住民などとともに、空き蔵を宿泊施設「The Bath & Bed Hayama」にリノベーションするというもの。完成後はエンジョイワークスの関連子会社であるグッドネイバーズが運営などを行う。すでに目標募集金額の600万円が集まりファンドの申込は終了している。宿のコンセプトは「日常にあったはずの、小さな“非日常”を取り戻す場所」で、時間を気にせずゆったりと過ごせるバスタイムと、目覚ましを気にせずにもぐっていられるベッドルームのみの空間をつくる。

共同プロジェクトは、京急電鉄利用者や地域住民などによる「参加型」を重視している。4月から「『アートを取り込む』×アート女子」や「『花を飾る』×フラワー女子」など、コンセプトに沿った宿づくりに関するイベントを実施しており、参加者とのアイディア出しが行われている。そのほかにも検討会などを設けて様々な人が集まりアイディアを出し合うことで、ひとつの宿をつくりあげていく。今夏のオープンを予定している。

ハロー!RENOVATIONの第1弾プロジェクトでは葉山町にある空き蔵をリノベーションする
空き蔵は宿泊施設「The Bath & Bed Hayama」にリ
ノベーション。地域住民などがアイディアを出し合うことで宿をつくりあげていく
「KEIKYUアクセラレーター・次の120年に羽ばたくイノベーション」プログラムで7企業を採択した

課題をジブンゴト化するきっかけづくりを行う

代表取締役の福田和則氏は、外資系金融機関の勤務を経て2007年にエンジョイワークスを設立した。これまでにカフェやゲストハウスなど、さまざまな事業プロデュースを行ってきたほか、リノベーションだけでなく新築も手掛けるなどその事業は多岐にわたるが「すべての仕事はコミュニティが息づくまちをつくりたいという目的でつながっている」(福田氏)という。

さらに福田氏は「すべての仕事は共創のうえに成り立っている」と話す。リノベーションやまちづくりなどすべての仕事で、共に創ることを意識している。空き家問題や地域のコミュニティづくりなど、一人ひとりが「ジブンゴト」として捉えることが解決につながる。そのきっかけづくりのひとつが「ハロー!RENOVATION」なのだろう。サービスは始まったばかり。今後は空き家活用をはじめとしたまちづくりに役立つツールとして育てていく。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事