学生寮や学生専用住宅、学生宿舎といった主に大学生を対象とした住まい「学生レジデンス」事業に対する注目が高まっている。

ハウスメーカーや不動産デベロッパーなどによる新規参入や事業強化の動きが活発化しており、活況を帯び始めているものだ。

少子化が進むなか、なぜ今、学生レジデンスなのか。どのようなビジネスモデルで取り組んでいこうとしているのか。これまでの学生向け住宅とは何が変わってきているのか。

先進の取り組みからその動向を探る。