【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

東急不動産、学生レジデンス事業へ本格参入 少子化が進むなか学生向けビジネスを展開

2018年度、6棟を開発へ

東急不動産は学生レジデンス事業の第1弾となる「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)椎名町」を竣工した。同社はこれをきっかけに学生レジデンス事業へ本格参入する。グループ会社の学生情報センターがもつノウハウを活かし、他事業とのシナジーを見込める新たな事業領域として展開を強化していく。 東急不動産は、学生レジデンス事業の第1弾としてかねてより開発を進めていた「CAMPUS VILLAGE…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事