東急不動産、学生レジデンス事業へ本格参入 少子化が進むなか学生向けビジネスを展開

2018年度、6棟を開発へ

  


東急不動産は学生レジデンス事業の第1弾となる「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)椎名町」を竣工した。同社はこれをきっかけに学生レジデンス事業へ本格参入する。グループ会社の学生情報センターがもつノウハウを活かし、他事業とのシナジーを見込める新たな事業領域として展開を強化していく。

* * *

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース