都市農地の貸借を円滑化する法案成立へ 貸借後も相続税猶予を継続

都市の貴重な資源の保全へ

  


都市農地(生産緑地)を貸借しやすくすることを目的とした「都市農地の貸借の円滑化に関する法律案」が4月6日、参議院本会議で成立し、衆議院に送られた。

* * *

現状では、意欲のある都市農業者などが生産緑地を借りようとしても、所有者が貸し渋ることが多く、貸借は進んでいない。生産緑地の所有者が、都市農業者などと生産緑地の賃貸契約を結ぶと、契約解除に所定の手続きを踏む必要があり、簡単に生産緑地を貸せないためだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース