【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2018.4.27

ハウジング・トリビューン Vol.556(2018年8・9号)

HOUSE2.0

新しい住まいと暮らしのカタチ

社会環境が大きく変化する時代のなか、住宅や暮らしを取り巻く状況も変わってきている。
庭付き新築一戸建てをゴールにした住宅すごろくが崩壊。
人口減少で新築の販売量は減少する一方で、空き家の増加は止まらない。
異常気象による水害や大地震で被害を受ける住宅も相次ぐ。
IoTやAIなどのデジタル技術が住宅にも徐々に入ってきている。
そのような中で、これから住まいと暮らしはどのように変わっていくのか、そして、どのように変わっていくべきなのか――。
様々な先進事例を通じて、これまでの住まいや暮らしを次のステージに導く「HOUSE2.0」のカタチを考察していく。

ハウジング・トリビューン Vol.556(2018年8・9号)

発行元:創樹社  価格:1500円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 Yahoo!ストアで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

身軽さと手堅さ、そしてHOUSE2.0
泊まれる住まい

HOUSE2.0~新しい住まいと暮らしのカタチ~

所有も賃貸も関係ない!! 住みたい場所に住みたい時に住む
"つながり"が暮らしを豊かに コミュニティが紡ぐ住まいのカタチ
ソーシャルキャピタルが創造する暮らし価値 ヒト・モノ・カネ、地域資源を使い倒す
コンパクトな街で豊かに暮らす 歩いて暮らせる機能複合型の住環境
空き家が地域の資源になる 誰もが別荘を持てる時代に
スマホ化する住まい 「住宅用OS」構築し、住生活サービスを提供
自然災害はもう怖くない ますます高度化する住まいのシェルター機能
自宅での死亡リスクをゼロに 住まいを世界で最も安心できる場所に
インフラはもういらない 自立型住宅が世界を救う
人材不足時代の生産革命 建築2.0が拓く新たな住宅建築

TOPICS&NEWS

日集協、大断面集成材を規格化
ハウスメーカーの天井高競争が加速
国交省、2018年度のIoT住宅支援事業を開始
環境省・経産省、断熱リノベで5月に新補助の募集

連載

住まい百景「住まい手自身が編集してつくり上げた「納得の家」」
新・住まい学 「人にやさしいまちづくりと住まい」【後編】
豊島区「わたしらしく暮らせるまち。推進室」室長 宮田麻子 氏

建材・設備メーカーに聞く
2018年 春のイチオシ商品

暮らし創造研究会
新たに発足した2つの研究部会、初年度の活動状況を報告

CLOSE UP

ミサワホーム ZEH対応の都市型3階建て住宅を開発

三協立山 三協アルミ社 インテリア建材シリーズを一新 多様化するニーズ、トレンドに応える

FLASH

大和ハウス工業 工場や施工現場でロボット活用を本格化
ポラスガーデンヒルズ CLTなどを活用した木造3階建ての新社屋が竣工
ノダ 木造建築の躯体設計・施工支援事業を強化
HANDSSHARE  施工工事の依頼・受注をウェブで効率化
クレトイシ 樹脂サッシシリーズに新バージョン追加

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事