BIMは建物の統合データベース
設計初期の問題抑制でコスト削減

建物の3次元モデル、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)は、大型建築で用いられるものというイメージが強いが、近年、中小規模の先進的な設計事務所、ビルダーなども次世代の建築生産手法としてBIMの導入を進めている。BIMに詳しい東京工芸大学非常勤講師の森谷靖彦氏に「BIMとは何か」「BIMを活用することでどのようなメリットを享受できるのか」伺った。

東京工芸大学 工学部 建築学科 非常勤講師 森谷靖彦/1966年生まれ。一級建築士。宅地建物取引士。二級知的財産管理技能士。NTTファシリティーズ総合研究所で建築情報処理技術を研究する傍ら、公益社団法人日本建築積算協会の理事を務める。近著に「BIM その進化と活用」(日刊建設通信新聞社)などがある。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
このエントリーをはてなブックマークに追加