お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2017.11.30

国交省、建設技能労働者の能力評価制度の創設へ

職種を横断し施工能力を見える化 建設業の働き方改革を推進

 国土交通省は建設業のあらゆる職種を横断し、統一的に技能労働者の施工能力を評価する制度の創設へ向け検討を開始した。個人の施工能力を見える化することで、建設技能者の能力が適切に評価され、処遇の改善に向かうように取り組む。

国土交通省は11月13日、第一回の「建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会」を開催

* * *

建設技能労働者のデータベース構築へ

国土交通省は11月13日、第一回の「建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会」(座長:芝浦工業大学建築学部建築学科 教授 蟹澤 宏剛)を開催し、建設業のあらゆる職種を横断して技能労働者の施工能力を評価する制度の開始へ向け検討を開始した。

建設業の技能労働者の人材不足が問題となっており、将来的にも少子高齢化でさらに深刻化する可能性が高まっている。建設業の技能労働者については、他の産業の労働者に比べて離職率が高い。技能労働者の能力を建設業界で統一的に評価する仕組みがなく、スキルアップが賃金の上昇などの処遇に反映されづらい環境であるということが、離職率が高い大きな理由として指摘されている。

このため、国土交通省では建設技能労働者がしっかりとキャリアを積み、そのキャリアが処遇などに適切に評価される環境の構築を目指す。具体的には、「建設キャリアアップシステム」を来年10月に開始する。来年4月から建設技能労働者に保有資格や就業履歴などの情報をネットや郵送で登録してもらい、データベースを構築する。

そのうえで、同データベースを活用し、建設業のあらゆる職種を横断して技能労働者の施工能力を評価する制度の運用を目指す。現時点では、データベースの情報をもとに、レベル1(見習い)、レベル2(中堅技能者)、レベル3(熟練技能者)、レベル4(上級職長)といったレベル分けをし、施工能力を評価する仕組みを構想。それぞれのレベルに応じて色分けしたICカードを交付し施工能力がひと目で分かるようにする。

専門工事業者の施工能力の見える化も

また、将来的には、建設技能労働者を雇っている「専門工事業者」の施工能力の見える化も行っていく。例えば、どのレベルの技能労働者が何人いるかなどが分かるように「建設キャリアアップシステム」に登録する。そうすることで、元請け事業者が技能労働者のレベルを参考に専門工事業者に仕事を発注するようにし、建設技能労働者の処遇改善につなげていきたい考えだ。

検討会では、多能工の評価の仕方や、職種ごとの既存の評価制度との連携の必要性などについて、委員から意見が出た。住宅関連団体の委員からも、制度の必要性を指摘する意見があっただけに、制度が開始されれば住宅に関する建設技能者の働き方改革にも大きな影響を与えそうだ。検討会は来年3月に中間とりまとめを行い、一定の方向性を出す方針。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事