不動産 |  2017.8.10

デベロッパーなどがMR活用の取組みを開始

野村不動産などが事業に導入 VR・ARに続く技術として注目


住宅・不動産分野で  MR (ミクスド・リアリティ) を活用した提案が活発化している。野村不動産などが分譲住宅の営業に導入しはじめており、次世代の技術として注目を集めている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

 


関連記事