建材 |  2017.7.28

YKK AP 「未来窓」のプロトタイプを提示

窓が考え、快適な暮らしをサポート

YKK APは、将来の窓のあり方を具現化する「未来窓」のプロトタイプを発表した。窓に集約された情報をもとに、窓が考え、快適な暮らしをサポートする機能などを持たせた。3年後の実用化を目指し、開発を進める考えだ。


YKK APでは、未来の窓を考え、形にする「未来窓」プロジェクトを2016年4月にスタートした。その取り組みの一環として、未来窓のプロトタイプ「Window with Intelligence」を、IoT技術を活用したハードウェア、サービスなどの開発に取り組むクリエイティブラボPARTY、WillSmartと共同開発し、2017年7月から同社ショールーム新宿に特設ギャラリーを設け、一般公開を開始した。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目